ほうじ茶

緑茶づくりの最終仕上げに入る前の乾燥させた「荒茶」を
褐色になるまで焙じ、香ばしさを引き出したお茶です。
炒ることでカフェインやタンニンやカテキンの成分がとび
すっきりとても飲みやすくなります。