紅茶について

緑茶の品種である「やぶきた」でできた日本人にあった飲みやすい紅茶をつくりました。
苦みが少なくやさしい甘さと花のような香りです。

萎凋

摘採後、10数時間の間、萎凋させます。
フレッシュな生葉の香りから、少しフルーテォーな香りへと変化してきます。

しんなり柔らかくなってきます。
発酵はまだです。

揉捻-Rolling

葉を圧力をかけて揉んでいきます。茶の形を整えたり、葉の中の酸化酵素を、空気に触れさせます。

発酵が少しずつ始まっていきます。

発酵-Fermentation

茶葉を休ませ、発酵を進ませます。
葉は赤褐色へと変わって熟した果実のような、独特な香りがしてきます。

乾燥-Drying

熱風で乾燥させ酵素を止めます。 その後、整形仕上げします。